オートデスク制作ワークフローにおけるS3D戦略

「2010 NAB Showでの大きなハイライトは、ステレオスコピック3D(S3D)のワークフローを、CGやVFX(ビジュアルエフェクト)から、編集やカラーグレーディングまでを完全な形で構築したことだ」