来年夏、4Kテレビ放送が開始!!

総務省は、次世代の高画質テレビ規格「4K」の放送開始時期を、当初予定していた平成28年から2年程度前倒しし、26年夏の開始を目指す方針であることを発表。

今回、平成26年7月にブラジルで行われる予定のサッカーワールドカップ(W杯)決勝トーナメントに間に合わせ、次世代テレビの需要を喚起したい考えており、また、日本が優位性を持つ高画質技術の早期実用化を図り、韓国勢の台頭に苦しむテレビメーカーの競争力を高める狙いとのこと。また、4Kを上回る高精細な画像を持つ「スーパーハイビジョン(8K)」の試験放送について、こちらも当初の計画から2年程度前倒しになる予定。

ニュースリリース(産経新聞)