5年後にはコンピューターは「におい」から人の病気を判別するようになる

GIGAZEINによると

IBMの研究によると、5年後にはコンピューターは人間が匂いを嗅ぐように、人間の息に含まれる分子などから病気を判別できるようになるとのことです。

人間の息の中にはあらゆる種類の分子が含まれており、その中には体の状態を伝えるものもあるのですが、コンピューターがそれを捕らえることによって健康状 態がチェックできるようになります。IBMで研究を行っているHendrik F. Hamannさんによると、スマートフォンタブレットなどのモバイル機器にこのような機能を持ったセンサーを組み込めば、本人が自覚する前に持ち主が風 邪をひいていることが察知可能になるとのこと。

詳しくはこちら