読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャパンディスプレイ、438ppiフルHDなどの次世代液晶を発表

ジャパンディスプレイは、スマートフォンタブレット、車載向け液晶の3種類の最先端ディスプレイを開発し、10月31日から11月2日までパシフィコ横浜で開催される「FPD International 2012」に出展すること発表しました。

スマートフォンタブレット向けは、LTPS採用の5型/1,920×1,080ドットのフルHD IPS液晶で、精細度は438ppiの仕様となっており、車載向けには、12.2型/1,920×720ドットで、黒が特徴の新IPS、ディスプレイの形を自由にするコーナーラウンドカットと曲面フォルム、低消費電力、タッチパネル内蔵など、次世代自動車に求められる機能を実現されましたとのこと。今後登場する車両のメーターなど、高画質なディスプレイで楽しめそうですね。

ニュースリリース