読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

印刷限界の10万dpiを実現する金属ナノ構造体を用いた技術が登場

GIGAZINEによると

印刷可能な解像度は可視光線回折限界に よって決まっていて、その値は10万dpiほど。しかし、多数の染料を調合するような方法ではとてもこの限界に到達することはできず、インクジェットプリ ンタやレーザープリンタの限界は1万dpiほどです。そもそも、人間の目では20×30μm(マイクロメートル)よりも小さいものは識別不可能で、光学顕微鏡であればその解像限界は0.2μm程度とされています。しかし、Karthik Kumarさんの共同研究により、染料によらない、光回折限界の解像度並の印刷技術が開発されました。この論文は「Nature Nanotechnology」に掲載されます。

詳しくはこちら