実際にさわれる多視点裸眼立体ディスプレイ「RePro3D」

慶應義塾大学 大学院メディアデザイン研究科の研究チームが、JST 課題解決型基礎研究の一環として空中に浮かんだ立体映像に手で触ることのできる多視点裸眼立体ディスプレイ「RePro3D」を開発しました。

このディスプレイは裸眼で立体視ができるほか、研究チームがでこれまで開発を行ってきた触覚インタフェース技術で、実際に映像に触れることができます。

触覚のフィードバックがあるという点で、医療分野へのトレーニング機器としての実用化が期待できそうですね。今後の研究の進展が楽しみな技術です。

科学技術振興機構記事リンク