SONY、7700万人分のデータを盗まれる

SONYは4月26日に、Play Station Networkユーザー7700万人分のデータが盗まれた事を発表した。情報の中には住所や氏名、クレジットカード番号も含まれていると言う(ただし、カードのセキュリティー・コードは含まれていない)。

3DSWiiの販売台数が伸び悩んでいる中、PSPはその数を伸ばし、PS3のソフトも充実してきた矢先の手痛いダメージである。任天堂は新ハードを発表するとの噂もあり、今回の漏えい事件が致命傷にならない事を祈るばかりである。