サムスン電子、米アップル提訴 「スマホの特許侵害」


 韓国サムスン電子は22日、スマートフォン(多機能携帯電話)の関連技術の特許を侵害されたとして、米アップルを相手に、特許の侵害禁止と損害賠償を求める訴訟をソウル中央地裁に起こしたと発表した。 

提訴は21日付で日本やドイツでも同様の裁判を起こし、米国でも提訴の準備を進めているという。

 

サムスン電子は、データ送信時に電力の消耗を抑える技術や、パソコンにつなげて無線データ通信を可能にする技術など計10件の特許について、アップルが無断で「iPhone(アイフォーン)」や「iPad(アイパッド)」に使った、と主張している。

先日、米アップルがサムスン「GALAXY」シリーズのスマートフォンなどがiPad,iPhoneの一部の特許や形、デザイン、インターフェースなどを侵害されたとして訴訟を起こしたばかりだ。

今後もこの知的財産の侵害に関する争いは長引くのではないかと思います。