Google Chromeにマルウェアダウンロードに警告機能を追加

今月の5日(現地時刻)、米GoogleはURLブラックリスト上のファイルをダウンロードしようとすると警告する機能を「Google Chrome」の開発者版に追加したことを発表しました。また、次期正式版の「Google Chrome 11」にも搭載するとのこと。悪質URLのブラックリストについては「Safe Browsing API」に載っております。


利用価値の高い機能ではあるのですが、マルウェアダウンロードの対策ができるからと言って、あくまでブラックリストに載ってるURLのみなので、決して安心はしないで下さいよ。



詳しくはコチラ