3DSが出来るまで+開発コンセプト

いよいよ発売まで1ヶ月を切った『ニンテンドー3DS』。公式webサイトには、任天堂の社長である岩田氏が、3DS開発メンバーに開発までの過程や、開発のコンセプトをインタビューしたものが掲載されている。内容によると、立体視をゲームに取り入れる考えは随分と昔からあったようだが、立体視の技術的が円熟していない時代であり、液晶パネルがまだまだ高い値段で取引されていた時代でもあったため、なかなか発売を念頭に置いた開発が行われなかったようである。



岩田社長が訊く3DSコチラ