ガラパゴス、インドの電子教科書に シャープが実用化へ

 ガラパゴスはタッチパネル式の液晶画面で、大きさは10.8インチと5.5インチの2機種。専用サイトから電子書籍を配信し、来春には映画や音楽、ゲームも追加する。新興国で電子教科書として活用する方針は発売前に表明していたが、具体化するのは初めて。

インド工科大は世界の工学系大学のランキングでも上位に位置づけられるハイテク教育の名門。実験では、学生にガラパゴスを貸し出し、大学側が用意した教科書を専用サイトから配信。学生は画面に表示されたテキストや画像に印やメモを書き込める。テレビの生中継のように遠隔地で授業を受けることも可能です。日本にもこのようなシステムが導入してほしいものですね。

詳しくはこちら