いまだ「スタンダード」の地位を譲らないiPhone 4


年は日本でも数多くのAndroidスマートフォンが登場したが、どれ1つとして「UIの完成度」でiPhone 4を上回るものはなかった。指の動きにぴたりと追従する感じ、機械的な速さや正確さではなく、人間的な感性に寄り添うような気持ちよさを持つスマートフォンは、いまだiPhone 4のみだ。またAndroidスマートフォンは操作メニューが複雑で、UIの動線もiPhoneに比べると分かりにくく、初めてスマートフォンに触れるユーザーを混乱させる。確かにAndroidスマートフォンのUIも、ひところに比べればずいぶんと進化した。だが、もっとも重要な“誰もが直感的に使えるUIかどうか”という点で、iPhoneのリードを崩せなかった。そしてiPhone4のブランド力はほかにはないスタイリッシュさがあるようだ。

詳しくはこちら