安全で不自由なSNSサイト

グリーは自社が運営するSNSサイト「GREE」でのサイトパトロールや年齢による機能制限などを、10月から一層強化すると発表しました。青少年の健全な育成を阻害しないためとはいえ、なんら瑕疵のない善良ユーザにとって機能制限を受けるのは理不尽な話ですし、このようにして不自由になっていくSNSサイトを見捨ててしまうユーザもいるはずです。しかし、社会的な責任として果たすべきこれらの対策を、企業としてはおろそかにすることはできません。バランスをとるのが難しい問題ですね。

詳細はこちら