スパムメールが激減、Symantecが原因を分析

世界中を駆け巡るスパムメール、その流通量が10月に入り急激な減少をみせました。この現象の理由について米Symantecがブログにて分析記事を投稿しています。主な原因としては巨大なボットネットの活動が停止、あるいは縮小したからとのこと。しかし、これは一時的なものであり、現在スパムメールは以前のように大量に出回っているようです。迷惑な話ですが、なにかと目にする機会の多いスパムメール。どこからやってくるのか、また、それが送られる仕組みなどを知るのは存外に楽しいものだと感じました。

詳細はこちら