マジコンユーザーに大打撃、任天堂がマジコンを動作不能にするファームウェアを提供

現在ゲーム業界を悩ませている存在が、違法コピーしたソフトウェアを利用するユーザーの増加。

とりわけ任天堂の携帯ゲーム機「ニンテンドーDS」は世界的に見ても高い人気を誇るだけあってか、コピーしたゲームをプレイできるようになる「マジコン」と呼ばれる機器が普及しており、任天堂やソフトウェアメーカー54社が販売業者を相手取って訴訟に踏み切るといった事態にまで発展していますが、任天堂が新たに提供したファームウェアによって、マジコンが動作しないようになったことが明らかになりました。

詳しくはこちら