Mitsubishi 3D対応 DLPプロジェクター 『XD600U-G』 フォトレビュー

0907_600ug0.JPG

Mitsubishiから発売された3D対応DLPプロジェクター 『XD600U-G』のフォトレビューを送りします。 このDLPプロジェクターは4500ルーメンの非常に明るい映像を投影し、ブルーレイ3Dのフレームシーケンシャル3D映像に対応している、とても魅力的な一品です。また、このプロジェクターでは同じくMitsubishiから発売されているWD-73735のようなDLP3DTVに付属する、シャッターメガネを使用することができます。

このページではパッケージ、外観、2Dでの投影についてご紹介します。


1. パッケージ


付属品は以下の通り

  • セーフティーマニュアル
  • CD-ROM (ユーザーズマニュアル、管理ソフトウェア)
  • 電源ケーブル
  • VGAケーブル
  • ランプ交換アタッチメント

0907_600ug1.JPG

持ち運び用のショルダーケースも付属しています

0907_600ug2.JPG

付属品もすべて入るぐらい余裕があります

0907_600ug3.JPG

2. 製品仕様・外観


XD600U-Gの主な仕様は以下の通りです。

  • 表示方式: DLP
  • 表示画素数: 786,432画素
  • 最大表示解像度: XGA 1024×768
  • 画面サイズ (投写距離): 最小40形~最大300形 (投写距離 1.1~8.8m)
  • 輝度: 4500lm
  • コントラスト比: 2000:1

製品の詳しい仕様についてはこちらをご覧ください。

0907_600ug0.JPG

280Wの高圧水銀ランプからこの大口径のレンズを通して4500ルーメンの光が投射されます

0907_600ug4.JPG

フォーカスとズームは手動で、およそ9m離れて投射すると300形の画面サイズになります

0907_600ug5.jpg

本体上部のボタンから、電源操作、入力切り替え、音量調節、キーストーン変形が行えます

0907_600ug6.JPG

背面に搭載されている入出力端子は写真左から

  • オーディオOUT (ステレオミニジャック)
  • オーディオIN (ステレオミニジャック)
  • オーディオIN (RCA)
  • S-VIDEO IN / VIDEO IN
  • HDMI
  • PC / コンポーネントビデオ IN (VGA) x2
  • モニターOUT (VGA)
  • SERIAL (RS-232C)
  • LAN (RJ45)

0907_600ug7.JPG

排熱は両側面から行います

0907_600ug8.jpg

前面と背面には赤外線送受信部があり、リモコン操作とステレオシャッターグラスの同期はここから行います

0907_600ug9.JPG

3. 投影


投影の様子をご紹介します

0907_600ug10.JPG

4500ルーメンともあって、映し出される映像はとても鮮やかではっきりとしています

0907_600ug11.JPG

本体のボタンからキーストーン変形が操作できるので、投影面に対して斜めに投射しても下の写真ぐらいのゆがみなら修正が可能です

0907_600ug13.jpg

付属のリモコンを使用すると詳細な設定が可能になり、輝度やコントラストはもちろんのこと、スクリーンの色に合わせた色調の調整が楽に行えます

0907_600ug14.jpg

画面のアスペクト比もフル、4:3、16:9のいずれかから選ぶことができます

0907_600ug12.jpg

3Dで投影する場合もメニューから設定します

ただし、3Dモードでは立体視表示やシャッターメガネとの同期に影響するため、キーストーン変形などの映像・投射設定を行うことができなくなります。そのため、3D投射する場合にはスクリーン面とプロジェクターが平行になるように機材を設置しなければいけません。

0907_600ug15.JPG

今回のレビューではXD600U-Gの概要についてご紹介いたしましたが、近日中に屋外投射や、L.A.S.E.R TAG 2.0立体視コンテンツの視聴についてレビューしていきますので、ご期待ください。