音楽SNS「Ping」の今後

Appleが9月3日に提供を開始した、音楽SNSサービスの「Ping」ですが、提供開始からわずか48時間以内で利用者が100万人を突破したということです。「Ping」は「iTunes 10」から導入された新機能で、なんと「iTunes 10」をダウンロードした利用者の3分の1が「Ping」に参加していることになるそうです。

一方で「Ping」の提供が開始された翌日には、スパムや詐欺メッセージが氾濫しているという問題点もでてきており、今後の展開の予想は難しそうです。

Appleの音楽SNS「Ping」、提供開始後48時間で100万人以上が参加


AppleのPingで早くも詐欺の手口が横行