HDC-TM750 + 3Dコンバージョンレンズ超速フォトレビュー

8月31日に発売となったビデオカメラTM750と3DコンバージョンレンズVW-CLT1の最速フォトレビューをお送りします。外観レビュー、3D撮影、FCP編集までをざっくりやってみました。付属ソフトとiMovieでの編集、スイートスポットなどの詳しいレビューは後ほど追加したいと思います。

TM750公式ページ

P1020281.JPGのサムネール画像

1. 開封!!

HDC-TM750
付属品。
レンズフードやタッチペンも付属。
ホットシューは本体と別になっている。

P1020257.jpg

P1020233.jpg
P1020234.jpg
下部のボタンとタッチスクリーンにて操作する。
P1020255.jpg
各メディアポート、電源スイッチ。
1080/60p記録には専用のボタンが設けられている。
ちなみに3Dは60pで記録できない。
P1020254.jpgP1020245.jpg
ファインダーは可動式ではない。
P1020237.jpg
マイク・ヘッドホン端子は右側面前方にある。
P1020258.jpg
本体右側面のフタをあけるとホットシューアダプタを取り付ける溝が現れる。

P1020251.jpgP1020252.jpg

2. 3Dコンバージョンレンズ取り付け

レンズキャップとリアレンズキャップ、ソフトケース付き
P1020261.jpg
レンズキャップは3D調整用のガイドになっている。
P1020283.jpg
P1020262.jpg
P1020268.jpg
右側に本体にねじ込むためのダイヤルがある。
P1020269.jpg
3種類の3D調整ダイヤル
P1020270.jpg
後ろはこうなってます。
P1020274.jpg
ダイヤルを回すだけの簡単装着
P1020281.jpg

3. 3D撮影

3Dコンバージョンレンズは装着する度に調整が必要になります。
以下が設定手順。

P1020292.jpg
P1020293.jpg
P1020294.jpg
P1020295.jpg
P1020296.jpg
P1020297.jpg
P1020298.jpg
P1020299.jpg
P1020300.jpg

1.2m以上離れて撮影します。
P1020302.jpg

4. 3D編集

今回はFinal Cut Pro 6とStereo 3D toolboxを使用して3D調整と編集をしてみました。

(付属ソフトやiMovie 09でも編集できるようですが、そのレビューは後ほど。。。)


PCにTM-750本体をUSBで接続し、電源を入れる。FCPから、

ファイル > 切り出しと転送

でカメラ内のAVCHDファイルをApple ProRes 422 に変換しながらインポートした。


インポートしたファイルは以下のように

1920x1080のSide by Side形式で保存されている。

スクリーンショット(2010-09-01 0.38.18).png
クリップにStereo 3D toolboxを適用する。
入力形式はSide by Sideに設定する。
出力は3Dディスプレイに合ったものを選べばよい。
今回は汎用のアナグリフで出力。
スクリーンショット(2010-09-01 0.39.34) copy.png
アナグリフに変換できた。
しかしこのコンバージョンレンズの構造上、周りに余白ができてしまう。
スクリーンショット(2010-09-01 0.40.40).png
クリップを拡大する。
余白は元の映像の問題なので、Stereo 3D toolboxのAuto Scaleオプションは使えない。
スクリーンショット(2010-09-01 0.40.56) copy.png
最終出力はこちら。
スクリーンショット(2010-09-01 0.41.01).png
まだ届いたばかりですが、3D撮影の手軽さに驚いています。スクイーズのSide by Sideなので画質は落ちますが、十分見られる映像が撮れると思います。

P1020281.JPG

あっさりしたレビューでしたが、追加のレビューでは作例も含めて詳しく見ていきたいと思います。乞うご期待。