メガネ型3D映像ディスプレイをレビュー

今回紹介するのは、独カールツァイスより発売されているサイド・バイ・サイドの3D視聴が可能なメガネ型ディスプレイ「cinemizer plus」(シネマイザー・プラス)のレビュー記事です。2メートル離れた位置に45インチのディスプレイを体感できるそうです。解像度はVGAなので繊細な映像の再生には耐えられないと思いますが、字幕程度ならば問題ないとのこと。現在は無骨な外観でいかにも重そうですが、将来普通のメガネのようなディスプレイが完成したらと思うと胸が熱くなりますね。

記事はこちら