3D映像を「正しく」認識出来ない

イギリスのEyecare Trustは、イギリス国民の12%が「とある視覚障害」のために3D映像を「正しく」認識できていないという事実を発表しました。原因と治療法が簡単に解説されています。

3D映像を見るのが苦手な人がいるというのは耳にしたことがありましたが、その原因の一つに「症状」が関わっているとは思いもしませんでした。

とりあえず自分は大丈夫かと思われますが、日本には同じ症状をもった人がどれくらいいるのでしょう。気になるところです。



関連記事はコチラ