Maya2009立体視コンテンツ作成レビュー

 

このレビューでは73" Mitsubishi DLP® TV (WD-73735)を使って、Maya2009の3DCGの立体視用のレンダリング機能とビューポートでの立体視機能の使用手順について説明していきます。

今回使用したDLPディスプレイはRealD方式を採用しており、従来のそれよりもより鮮明な立体視が可能です。そのため、現在このRealD方式のディスプレイは映画やCGの最先端で活用されています。なので今回のレビューでは実際にその最先端の環境に一足先に触れながら作業を行っていきます。

近年では3Dディスプレイの普及に伴い3Dコンテンツも手軽なものとなってきているので、このレビューが3Dコンテンツ作成のきっかけにでもなれば幸いです。

 

camera2.png

続きを読む