realD対応3DTV 再生レビュー

今回は、realD方式に対応した三菱の3Dディスプレイ、WD-73735のレビューをしていきます。

近年、映画だけでなくケータイやゲームなどでも実装され、徐々に波を起こし始めている3D映像技術ですが、その波は確実に大きくなっていると言えます。将来さらに3Dのコンテンツが増えれば、自然と3D対応のディスプレイやテレビも普及してくるでしょう。今回は一足先に3Dディスプレイの可能性を探っていきたいと思います。

reald1.jpg

再生編

  1. 必要なもの
    WD-73735で3Dコンテンツを再生するには、以下のものが必要です。



  2. stereoscopic playerの設定

      stereoscopic playerの設定をDLPディスプレイ用に変更します。

      stereo_view_method.jpg 表示>表示方法>3D Ready DLP-TV を選択。

       

      3Dフォーマットのものを見る場合は、ファイルを開き、ファイル>入力ステレオ形式>横並び を選択します。”右映像が左”と”左映像が左”があります。左右の映像が逆に認識されていたりすると立体に見えない場合があるので、その際はこちらを切り替えてください。

      stereo_view_format.jpg3Dフォーマットでないもの(左右の動画が別ファイルのもの)を再生する場合は、ファイル>Open Left and Right Fileと進み、左右のファイルを指定します。
      stereo_dual.jpg

  3. ディスプレイの設定

  4. ディスプレイのリモコンのMENUボタンで、メニュー画面を開きます。setup>3Dmodeと進み、3DmodeをONにします。

  5. 3Dグラスの設定

 

glasses.JPG

 

CE5は右のフレームに二つのボタンがあります。前のボタンで3DmodeのON/OFF、後ろのボタンで右画像、左画像の切り替えができます。装着してディスプレイを見た状態で3modeをオンにすれば準備完了です。

 

s.jpg

 

この感動を伝えられないのがとても残念ですが、かなりの臨場感です!最近の立体視の流行として、飛び出すことよりも奥行きを重視するものが多いそうです。壁際にディスプレイがあると、壁の向こうに空があるような感覚になります。

 

次回はMayaを使った立体視コンテンツの作成をしていきます。お楽しみに。