Microsoft版App Store、開発者の取り分はAppleと同じ7割に

 米Microsoftは3月11日、2月に発表したWindows Mobile 6.5搭載携帯向けオンラインストアWindows Marketplace for Mobile」の開発者向けプログラムについて発表した。

 有料コンテンツ売り上げの70%をそのコンテンツの開発者が受け取る。

開発者は各アプリケーションについて、自分で価格を設定できる。

無料コンテンツも配布可能だ。

また、アプリケーションの認証プロセスは開発者に開示され、開発から完成まで、Microsoftが開発者を支援するという。

<本文>

新規アプリは楽しいのですが、Iphoneと比べてユーザーがどの程度アプリに興味を

持っているかが気になりますね。

記事はこちら