「システムダウン時のデータリカバリを30秒で」、バックボーンが新製品

バックボーン・ソフトウェアが23日、ダウンしたサーバーのリカバリを30秒で行うことのできる新製品「NetVault Real-Time Data Protector(略称:RDP)」を発表したとのこと。過去の任意の時点を秒単位で指定し、操作30秒後にはデータ利用が可能になるそうです。その仕組みとは、まずRDPがサーバにデータファイルのスケルトンを送ることで、アプリケーションにはデータが復旧したかのように見せ、要求されたデータをRDPが優先的にサーバ送信するというもの。4月に出荷予定です。


詳細はこちら