Google Chromeが正式版に

Googleが、Chromeブラウザがβ版から正式版へと移行したと発表しました。

正式版では、課題となっていたビデオとオーディオのプラグインの不具合が改善され、またV8 JavaScriptエンジンの動作速度は、β版と比べると、SunSpiderベンチマークで1.4倍、V8ベンチマークで1.5倍の高速化を実現しているとのこと。

またユーザーから改良の要望が多かったブックマーク機能については、ほかのブラウザとのブックマークのインポート・エキスポートがより簡単に実行できるようになったそうです。

記事はこちら