Flasherから見た IllustratorCS4機能

今月号のWebDesigningに記載されていたCS4の機能を見た感想です

Illustrator

"複数サイズの書類を持つアートボード"

どうやら1つのファイルで複数のグラフィックを扱い自由のサイズのアートボードを

複数作成できるようになったらしい。

これは素材をイラレで作成する際に、複数ファイルに作成したり、

同じアートボードに何個もレイヤーを重ねて作成するより、

かなり見やすい+比べて作成することが可能になりました。

そしてファイルを書出すときにすごい便利になる??かもしれません。

"kulerを使ったカラー選択"

kulerといういくつかのテーマに沿ったカラーを組み合わせたアルゴリズム

カラーテーマのセットを公開しているサイトのカラーを利用することができるように

なったそうです。

これは、カラーがなかなか決まらない!とか、とりあえずカラーを付けるなどといった時

重宝します。

"塗りブラシツール"

使ってみないとなんともいえないのですが、

従来のFlashで行っていたような操作性で絵が描けるようになったらしいです。

Flash信者の僕としては、イラレもフラッシュみたいに書けたらいいのに!って

思っていたのですが、夢が叶いそうです。