米国医の半分が日常的に偽薬を処方

米国の内科医とリウマチ医から無作為に選んだ679人を対象にした調査によると、半数の医師が日常的にプラシーボ(偽薬)を処方しているとのこと。


偽薬を処方することで症状が改善されるのであればいいのですが、改善されなければ無駄に薬代がかかるだけですね。色々と考えてしまう記事です。


スラッシュドット・ジャパン記事