MacBook Proは誰のためのマシンか?

外観的にも機能的にも、よく言えばバラエティが豊か、悪く言えばチグハグな印象のある製品ラインアップとなるわけで、かつてシンプルさを好み、製品ラインを「PowerBook」と「iBook」の2種類だけにまで絞り込んだアップルの製品戦略としては、少し違和感を覚える――この点については、アップルで行われた説明会で聞いてみた。<本文>

記事はこちら

Macもいいんですけど。やはり個人としては高いので手が出しにくいですね。

Windowsも、初期フォントがもっといいの入れてくれればいいんですけど。