虫の眼

CEATEC JAPAN 2008の日産自動車ブースでは、「カーロボティクスと通信が拓く未来のクルマ」をテーマに、先日9月24日に発表のあったNTTドコモおよびシャープとの共同開発技術「インテリジェントキー搭載ケータイ」や、昆虫の回避行動を応用した「Biomimetic Robot Car(BR23C)」を展示した。


これは日産自動車が開発した、昆虫の回避行動を参考にすることで"ぶつからないクルマ"の実現をめざす技術です。今のところ小型のロボットに搭載しているだけですが、"ぶつからないクルマ"が実現すれば凄い事です。


ITmedia記事