コンピューターグラフィックス(CG)で"星間旅行"の気分を味わえるプラネタリウム

CGで"星間旅行"の気分を味わえたり、大人向けに宇宙物理学の最新情報を提供したりと、工夫を凝らしたプラネタリウムが登場しているそうです。

科学技術館(東京都千代田区)の「シンラドーム」では、光学式投影機はなく、CG映像を複数のプロジェクターで継ぎ目のないドームに映し出し、それを特殊な眼鏡を使用することにより映像を立体視することができます。

記事はこちら