現代版ステレオ写真「3Dデジカメ」来年発売へ 富士フイルムが世界初

富士フイルムは9月24日、裸眼立体視できる3D動画・静止画を撮影・再生可能なデジタル映像システム「FUJIFILM FinePix Real 3D System」を開発したと発表しました。

3D撮影用の「3Dデジタルカメラ」と、撮影した3D映像を再生する「3Dデジタルフォトフレーム」、3D画像を印刷できる「3Dプリント技術」で構成されており、来年中に発売とのこと。

左右に2基のレンズと2つのCCDを搭載し、左右のレンズで微妙に角度差のある画像を同時に撮影し、2枚の画像を合成し、立体視できるよう処理しているそうです。

記事はこちら