サイトデザインを刷新「Twitter」

最大の変化は、これまでログインページの上部にあったタブを、右のサイドバーに移動させた。また「ホーム」や「@Replies」ページにいるときに同じページのタブをクリックすると、ページ全体を読み込みなおすのではなく、Ajax経由でリフレッシュするようにしたため、更新速度が速くなった。

サイトデザインはこれまでよりもシンプルかつ見やすさを目指したものになっていて、アイコンは未使用時には隠され、書き込みと書き込みの間には境界線、またアイテム間のスペースも十分に取られている。またTwitterのロゴなどは縮小された一方で、タブやアップデートボタンなどの重要なものは拡大された。

そのほかにも、既存のテーマを使った場合でも、背景に壁紙を追加したり、背景や文字、リンクなどの表示色を自由に設定できるようになったそうです。

詳しくはこちら