1万円のノートPC

中国のHiVisionというメーカーが世界最安の98ドルのノートパソコンを発表しました。


スペックはCPUに中国とSTマイクロエレクトロニクスが共同開発したとされる、

MIPSベースの「Loongson(龍芯)」プロセッサと目されるCPUと1GBのフラッシュメモリストレージ、

無線LAN、LAN、3つのUSBポート、SDHCカードリーダー、オーディオ入出力などを備えており、


OSにはLinuxを採用しているとのことです。



最近はEeePCを始め低価格PCが流行っていますね。

OLPCでも目標の100ドルPCに達していないのにこのPCは100ドルを切るPCで素晴らしいです。

日本で発売されるかはわかりませんが、どのようなものか使ってみたいです。



記事