太陽発電で飛ぶ無人飛行機、82時間37分の飛行に成功

英軍事技術企業QinetiQは、同社が開発する太陽発電で飛行する無人飛行機「Zephyr」が、82時間37分の連続飛行に成功したと発表しました。

この記録は非公式だそうですが、無人飛行機の連続飛行の公式世界記録の2001年にGlobal Hawkが樹立した30時間24分をはるかに超える記録となっています。

超軽量の炭素繊維で作られており、日中は翼の上部を覆う、紙程度の薄さのアモルファスシリコン太陽電池を動力とし、また日中にリチウム硫黄充電池を太陽エネルギーで充電することで、夜間の飛行も可能にしているとのこと。

用途としては防衛、治安などの分野で、空中からの偵察や通信補助などの用途に利用できるのではないかとのことです。

記事はこちら