楽しみながらリハビリ 歩行支援ロボ開発 早大研究チーム楽しみながらリハビリ 歩行支援ロボ開発 早大研究チーム

人が乗ってベルト上を歩行、けり出す力を内蔵するセンサーが検知し、前進する高齢者向けの新たな歩行支援ロボットを早稲田大学理工学術院の研究チームが開発しました。

これはリハビリ機能も持ち、同時に娯楽性もありそうです。

実際テーマパークなどへの売り込みも図っているそうで、室内で動かないリハビリ機器よりも実際に動くこの歩行支援ロボットはおもしろいと思います。

記事はこちら