ソムリエいらず「電子の舌」

スペインの科学者がビンテージワインの味を判別する「電子の舌」を開発したようです。これによりワインの専門化を呼ぶ必要がなくなるとのこと。

この装置は、ワインの特定の品種に含まれる酸、糖、アルコールなどのパラメータを検出するセンサーを6個搭載しワインの製造年と品種を特定できるのだそうです。

これによりワインの偽物の判別にも役立つとのこと。

詳しくはこちら