夜に太陽エネルギーで発電?

MITの研究者が、保存しておいた太陽光エネルギーを日が照っていないときに使えるようにする方法を発見したようです。

植物の光合成をヒントにしたらしく、太陽光エネルギーを使って水を水素と酸素に分解し、後でこの水素と酸素を燃料電池内で化合させて電気を作るとのこと。

夜間に発電ができるようになれば電力発電の手助けになりそうですね。

詳しくはこちら