プラズマで飛ぶ空飛ぶ円盤、米研究者が設計

この記事は米フロリダ大学助教授が、SF映画に登場するような「空飛ぶ円盤」を実現するかもしれないとのこと。

同校のサブラタ・ロイという助教授が、丸くて回転する飛行機の設計に関して特許を出願したことを明らかにしました。またこの設計を「WEAV(wingless electromagnetic air vehicle)」と呼んでいるそうです。

現在のプロトタイプは直径15センチぐらいの大きさで内臓バッテリーで動き、理論上もっと大きくすることは可能だそうです。

動力には磁気流体力学、つまり導電性流体を電流や磁界が通過する際に生じる力を利用するとのこと。
このプロトタイプでは、機体表面に取り付けた電極で導電性流体を作り出し、周囲の空気を電離してプラズマにする。プラズマに電流を通すことで生じた力で、周りの空気を動かして揚力と推進力を生み出すそうです。


記事はこちら