シヤチハタ、新認証システムを事業化・ラベルの色で識別

シャチハタが製品ラベルの色彩を分析して個体を識別する新認証システムを事業化することを発表しました。

ICチップを使った認証と同じように偽造品の発見や生産履歴の管理に役立ち、ICチップの認証システムに比べ、ラベルの製造コスト

などが抑えられるなどの利点があるそうです。

同一模様に見えるラベルでも、デジタル撮影した画像をナノレベルで解析すると色合いの差などがやはりあるそうです。

記事はこちら