手に持って楽しめる3Dディスプレイ

インテグラルフォトグラフィー」技術を応用した。

複眼レンズで撮影した画像を複眼レンズを通して観察することで、

視差を左右方向に加え上下方向にも再現し、自然な立体視を可能にする。

同技術を活用した立体ディスプレイの研究も進んでいるが、

手に持って楽しめる小型装置はなかったという。<本文>

なかなか面白いですが入力端子が多いのが気になりますね。

記事はこちら