迷惑メール法の改正案が成立、事前同意無しの広告メール送信は違法に

迷惑メール法(特定電子メールの送信の適正化等に関する法律)の改正案が30日、参議院本会議で全会一致で可決されました。

迷惑メールを送信した法人に対しては従来の100万円以下の罰金から、3000万円以下の罰金へと罰則を強化するとのことで、効果が見込めそうです。

改正法は公布日から6カ月以内に施行されるとのことで、毎日大量の迷惑メールに悩まされている方には朗報ですね。

記事はこちら