NHKの新技術<動画不正投稿した人を99.9999%特定>

NHKは、インターネット上におけるコンテンツ不正流通への対抗策として、フィンガープリント技術を用いた新たなコンテンツ保護技術を開発しました。フィンガープリントとは、コンテンツに短い符号を埋め込むことで「誰に販売したのか」という情報を特定する著作権保護技術で、新たなコンテンツ保護技術では「100万人のユーザーに対し、不正なユーザを99.9999%の確率で特定できる」とのこと。

詳しくはこちら