より自然な歩行が可能なロボットが登場

オランダのデルフト工科大学は5月22日、人間に近い歩き方をするロボット「Flame」を開発したと発表しました。

この大学の学生であるダーン・ホベレン氏が博士論文としての研究で、人間の歩行の複雑な動きを「前のめりに倒れる」というモデルを用いることで、滑らかで効率的にまねできるとのことです。

より自然な歩行が可能となることで歩行に困難をきたしている人のリハビリテーションにも役立つとのことです。

記事はこちら



動画はこちら