車の外に飛び出るエアバッグ

自動車部品などを製造している豊田合成が、車体の外側に飛び出るエアバッグの開発を進めているそうです。

「人とくるまのテクノロジー展2008」にて、自動車の模型にエアバックの模型をつけて展示していたそうです。

現在ITSなどの新たな技術ではなく、今まであった安全のためのエアバックを外側にも付けるという発想はなかなかいいのではないでしょうか?

走行中に人が近づくとエアバックが開くというのを想定しているそうですが、やはりその感知センサーの部分が難しいそうです。駐車のときなどに誤作動が起こるからだそうです。

あとはエアバックのせいでデザインに影響がでなければいいですね。

記事はこちら