「世界最小」燃料電池

シャープは、小型で高出力な燃料電池の試作機を公開した。

電子辞書につなげばメタノール10ccでワンセグ放送を4〜7時間見ることができ、大きさは1マッチ箱程度。

同じ能力を持つリチウムイオン電池に比べ、体積は約2割小さく約6割軽いため、携帯電話などにも組み込める。出力は従来型の7倍。同じ出力なら、世界最小に出来る。

シャープは安全性を高め、数年後の実用化を目指す。

シャープがこれからの燃料電池の先駆者になってほしいですね。

詳しくはこちら