Adobe、「Flash Player 10」のβ版公開

バージョン10はカスタムフィルターとエフェクトの作成が可能になった。

開発者は、Adobeが無料で提供する「Adobe Pixel Bender」ツールキットを

使って、Flash Player 10向けに独自のカスタムフィルターとエフェクトを

作成できる。

Pixel Benderは、Adobe After Effect CS3でフィルターや特殊効果を作成するのに

使われているのと同じ技術を採用している。

 このほか、Flash Player 10ではGPUのパワーを使ってSWFコンテンツを

レンダリングして、CPUパワーを3Dコンテンツや複雑なエフェクトの

レンダリングなどほかの処理に使うことができるようになったという<本文>

そろそろAction script3.0のに完全移行を考えてもいいですね。

また、GPUパワーを使ってSWFコンテンツをレンダリングするので

今までpapervision3dなどで問題視されていたCPU使用率が大幅に下がるかも

しれません。

記事はこちら