2Dイラストを3Dっぽいアニメにできる「Live2D」 Flash版

サイバーノイズは5月16日、漫画やイラストなどの2D画像に立体的な動きを

付け、リアルタイムにアニメ化できる技術「Live2D」のFlash版を開発し、

Webサイトでサンプルを公開した。

これまではJava版を公開していた。Flash版はデータサイズが5〜50Kバイトと

コンパクトで、音声に合わせてイラストの口を動かせるリップシンク機能を

備えたのが特徴だ。<本文>

これどうやって作ってるのか気になります。

画像をすべての角度から作成して擬似的に3Dに見せるようにしてるなら

データサイズがもっと大きくなるんですけど、Flash内で描画イラストを

作ってるのでしょうかね。。ん~

記事はこちら