3Dホログラフィをリアルタイム生成するディスプレイ

ルクセンブルクの技術ベンチャー・SeeReal Technologiesは、「Display 2008 フラットパネルディスプレイ展」(東京ビッグサイト)に、独自の技術を活用したホログラフィディスプレイのデモを行っていました。真っ黒な直方体のディスプレイで、幅よりも高さがやや大きく、映像表示部は20インチ。立体的な映像を裸眼で楽しめ、専用めがねを使った本格的な立体視映像と同等か、それ以上のリアルさで迫ってくるようです。

スターウォーズレイア姫のホログラフィの実現も時間の問題ですね。

詳しくはこちら