NTTが「人体通信」を実用化、触れるだけで個人認証

NTTが、人の体表面を通じて情報を伝える通信技術「レッドタクトン」を実用化したと発表しました。

ICカード程度の大きさの送信機をポケットに入れておけば、ドアや保管庫などの取っ手に触れるだけで、個人情報を認識して開錠するといったものです。

送信機は定期的に微弱電波を発信し、ポケットなどに入れておくと体にID信号がまとわりついた状態になるそうで、受信機を仕込んだドアノブや床面を利用者が触れたり踏んだりすると、ID信号を読み取って開錠する仕組みなどが構築できます。

今までのインターフェースと一番の違うところはわざわざICタグの埋め込まれたカードなどをリーダに近づけなくても、手で触れるだけで大丈夫というところが大きいですね。

記事はこちら