色覚障害者の見え方を眼鏡で体験

カラーデザインの展示会「COLOR SESSION 2008」(4月12日まで、東京ビッグサイト)では、色覚障害者の色の見え方を体験できる世界初の眼鏡や、色覚障害者の見え方をシミュレーションするソフトが展示されている。そこには色覚障害者の色の見え方を体験できる眼鏡型フィルター「バリアントール」が出展してあり、二酸化チタンと二酸化シリコンを交互に30層蒸着した光学フィルターを開発し、色覚障害者の色の見分けにくさを再現して体験できるようです。

バリアントールをかけてみたところ、黒地の看板に赤色で書かれた「交通死亡事故現場」という文字が読みづらかったり、ピンクと水色で色分けされたグラフがどちらも同じような色に見え、分かりづらかったとのこと。

映像を作るうえで色覚障害について考慮したものがつくれたいいと思う。

詳しくはこちら